1. ロシア語の名無しさん

    日本的なこの美しい富士山と輝く満月をみてロシア人が想像することは?質問はある?

    富士山

    翻訳引用https://vk.com/life_in_japan?from=top&w=wall-38801622_349085

  2. ロシア語の名無しさん

    本当に日本人同士の会話の中で富士さんと言うのか?

     

     

  3. ロシア語の名無しさん

    ↑はい

     

     

  4. ロシア語の名無しさん

    ↑はい 本当に
    でも書くと「富士山」だけどな

     

     

  5. ロシア語の名無しさん

    ↑「ふじさん」って言うよ 
    「ふじまや」は正しくない

     

     

  6. ロシア語の名無しさん

    ↑オレは気づいたぞ ちょうど面白い発音だなと思っていたんだよ

     

     

  7. ロシア語の名無しさん

    写真、なぜか思い出したよ 
    月を眺める日本の祭りのことを 
    今年は10月4日だったよな 
    古代では、お月見は秋のメインイベントの1つだったんだよ 夜に十五夜(旧暦の8番目の月の15日)
    月が1年で一番美しく輝いてると言われているよ 言い伝えによると
    それは、月の光で月桂樹が育つ
    そして、秋になって葉が赤くなる時
    月は特別明るく輝くと 

     

     

  8. ロシア語の名無しさん

    お月見 
    通常、夕暮れ時の家のベランダにお客さんが集まる
    その家の人は名月の光が注ぐだろう場所に
    日本の低いテーブルを少し動かして
    満月を象徴する15個のお団子を盆に供える

    15日の夜に、栗の含め煮(長寿を表す)
    神聖なお酒のお神酒、季節の果物や野菜を並べるんだ
    そしてテーブルの傍らで2本のろうそくを燃やす 
    花瓶には、稲穂を連想させる草原の草(すすき)が1束いけられる 
    豊作を願ってそうするんだ 
    お客たちはテーブルに座って、食べて、おしゃべりしながらのんびりする 
    時には、お月見の時、満月をお題に句を読んだり
    この日の夜、後ろ足で立って杵を頭の後ろまで振り上げるうさぎの影を
    子どもたちは探すんだよ

     

     

  9. ロシア語の名無しさん

    そうそう! 😉富-士-山なんだよ
    中国語でスッキリと
    だから中国語で書かないと
    正しくはそうなんだよ!😉

     

     

  10. ロシア語の名無しさん

    ↑わからんが、それって中国語なのか? 
    だって、日本語でも「富士山」って書くぞ
    読み「ふ・じ・さん」だ 

     

     

  11. ロシア語の名無しさん

    ↑単に現代標準中国語でそれは中国南部の方言…全く同じじゃないけどな
    南部中国語の方言、現代標準中国語はそっくりなんだよ
    「フ-シ-シャン」となって確かによく似てるんだよ  😉😉

     

     

  12. ロシア語の名無しさん

    ↑漢字は、日本語だって知ってるよ 
    単純に伝わって学ばれたわけじゃない
    日本では独自に確立されてる
    中国漢字、たしかに、現代中国語ではその多くが書きに関して簡素化された
    しかし、原則、まだ同じなんだよ
    中国の多くの場所では昔ながらの書き方で漢字は使われているけどな

     

     

  13. ロシア語の名無しさん

    ↑わかったから落ち着けよ、ハハ!😉
    もう中国語はいいよ…😉😉

     

     

  14. ロシア語の名無しさん

    ↑いい加減なことを言っても俺を動揺させないからな
    あとに引きさがることになるぞ…

     

     

  15. ロシア語の名無しさん

    すごい難しいな 
    オレ、中国語を勉強したいと思ってるんだよな
    まだ始めてないけど

     

     

  16. ロシア語の名無しさん

    もし川岸に長い時間座るならば
    そばを敵の遺体が流れて行くのが見える
    と、昔の武士の格言であるぞ

     

     

  17. ロシア語の名無しさん

    わからん
    フォトショップなのかそうじゃないのか